日本語ホームへ     近況報告ホームへ

 

2004年5月

 

(下から上へと新しくなります。)

5月11日  5月28日

 

ケビンの卒業と昇進願いのその後
2004年0528日金曜日 (ラスベガスタイム)

ケビンの卒業が決まりました...多分。(笑) 今学期の3クラスで、最後になるはずだったので、その3クラスを全てパスしたと言う事は卒業になると思います。が、卒業証書が届くか、学校から何らかの形で連絡が来るまでは少し心配です。友人に、卒業証書が届くまで、1年以上かかった人が居ます。学校側のミスに続くミスで、かなり苦労したようです。ケビンの場合はその様な事にならないといいのですが。フルタイムで仕事をしながらの学校で、それも彼の仕事はなかなか9-5時では終わらない仕事。本当に我が夫ながら偉いと思います。本人は、最後の試験が終わった後、宿題やリーディングのない自由な時間を満喫しているようです。 時々、大学院へも行くのかという質問を受けるようですが、いずれは行くかもしれないけど、今暫くは学校はいいそうです。(笑) 

上司にお願いしていた昇進の話にもやっと動きが出てきました。上司本人からの連絡はなかったのですが、オフィスマネージャーから連絡が来て、人事部に昇進のリクエストを出す手続きをするとの事だったので、上司のOKが出たのでしょう。後は人事部からOKが出るのを待つのみとなりました。私個人としては、ケビンにも転職して欲しかったのですが、ケビン本人は今の職場が好きなので、これで良かったのかもしれません。

今日は短いですが、とりあえず報告まで。アメリカは来週の月曜日はメモリアルデーという祭日です。(第2次世界大戦の戦死者のために祈る、みたいな日です。)多くのアメリカ人が、長い週末を利用して旅行に出かけます。私達はというと、明日と明後日はサンディエゴに住んでいる友達のやすこちゃんとマークが遊びに来ます。ギャンブルにはあまり興味のない二人なんですが、いろいろと楽しみにしてくれているようです。1年ちょっとぶりに会うので、とても楽しみです。何をしたかは、また来週にでも報告しますね。では、皆様も良い週末を!   [トップへ]

 

ケビンの期末試験...とはあまり関係ない話(笑)
2004年0511日火曜日 (ラスベガスタイム)

今日はケビンの期末試験の為に、南ネバダ短期大学のキャンパスに来ています。ご存知の方も多いでしょうが、ケビンはメアリーランド大学のオンラインのクラスを取っているのですが、試験は、他校の試験も受けさせてくれるテストセンターを探し、そこで受ける事になっています。先学期は、オハイオのケビンの実家の近くにある短大で受けましたが、今回はラスベガス内にある学校です。 昨日はコンピューターの2クラス、今日は社会学の1クラスの試験です。一番最初の試験は、かなりうまく言ったようで、100点かもと豪語していました。 (笑)二番目の試験は、やはりコンピューターのクラスの試験なので、まあまあだったようです。が、今日受けている試験は、ちょっと緊張してるみたいです。

実は、特にケビンの試験の事を書きたかった訳ではないのです。(今日のタイトルからお分かりだとは思いますが。)ケビンは未だに車の免許を持たないため、私はいつもケビンの試験会場に行って、3-4時間 以内で終わりそうだったらいつもカフェテリアで待っています。待っている間は、仕事をしたり、こうやって(HPの記事を書いたり)自分の好きな事をやったり。で、いつも大学のキャンパスに来て思うのは、いろんな学生が居て、一生懸命勉強しているなあという事です。(勉強の部分は、いつも試験中に来るからなんですが...<笑>)

アメリカの大学には、いろんな年齢層の学生が居ます。特に短大は、コミュニティーカレッジと呼ばれるのですが、40代50代の人も結構います。アメリカの教育制度の中で私がいいなあと思うのは、勉強したい人にはいくらでも可能性が あると言う事です。例えば、日本で社会人になってから大学へ入ると言うのは、なかなか難しいのではないかと思います。(最近は変わって来ているとは聞きましたが。)確かに、アメリカでもハーバードとかUSバークレーとか、ちょっとやそっとじゃ入れない大学もたくさんあります。でも、コミュニティーカレッジは、割と多くの人に門戸を開いています。たぶん、SATとかACT(これらは、 日本の共通一次みたいなもの)も受けないといけないかもしれませんが、よっぽどでないと、短大に入れない人はいないと思います。(このよっぽどというのは、 SATやACTのスコアが物凄く悪いとか...)で、4年の学位(学士号)が欲しい人は、4年制の大学へと編入して行きます。その際には、短大での成績が重要視されるので、高校であまり成績がよくなくても、短大で頑張れば、入れる大学はいくらでもあります。

因みに、ケビンの行っている(今学期で卒業ですが)大学は、メアリーランド大学ユニバーシティーカレッジ校(UMUC)で、昼間は普通に仕事をして、オンラインでクラスを取っている人がたくさんいます。普通のクラスと比べて、特に楽だと言う事はないようです。逆にかなり厳しく宿題の量も多いクラスもあります。でも、オンラインのクラスは、フルタイムで学校に通えない人の強い味方です。もし英語が出来て、学位(学士、修士、博士)を取りたいけど、学校に通う時間の無い方、UMUCはお勧めです。考えてみては、いかがでしょうか。

あと30分もすると、ケビンが試験を終えて出てきます。今学期卒業できるかどうかは、今学期の成績によりますが、多分大丈夫でしょう。1-2週間以内には、ちゃんと卒業出来たかどうか、報告できると思います。駄目だったら、今日の試験で思いっきり滑ったんだと思ってください。(笑)ではでは。   [トップへ]

 

日本語ホームへ